PRODUCT / 商品情報
CAN/LIN通信用拡張セット
(LE-8200A/8200用)

OP-SB87

詳細
スペック
オプション
ダウンロード
OP-SB87仕様
適合アナライザー LE-8200A/LE-8200
計測インターフェース CAN:ISO11898準拠/ISO11519-2準拠※1 (DSUB9ピンコネクタ×2)
LIN:ISO9141準拠 (ヘッダ3ピンコネクタ×2)
トランシーバ CAN:TJA1050/1054相当    LIN:TJA1021相当
計測チャンネル数 CAN,LIN,またはCAN/LINの組合せで合計2チャンネル
拡張プロトコル CAN2.0B, デバイスネット, LIN(Rev1.1, 1.2, 1.3, 2.0, 2.1)
通信速度 CAN:最大1Mbps    LIN:最大26Kbps
モニター機能 CAN:標準/拡張フォーマット対応, ビットタイミング任意設定可
LIN:無通信時間またはID設定でフレーム区切り, 任意速度設定可
IDフィルタ 指定ID(ビットマスク指定可)のみを記録可能
タイムスタンプ 9桁表示 分解能:時分秒, 分秒1ms, 100μs, 10μs, 1μs 指定可
トリガー機能 最大8組の条件と動作を指定して、OR動作とシーケンス動作が可能
トリガー条件 エラー(Break, Sync, Parity, Framing, チェックサム) ※2, 指定データフレーム(チャンネル, ID, ペイロード), 指定リモートフレーム(チャンネル, ID), タイマ一致, カウンタ一致, 外部信号論理
トリガー動作 測定停止, メモリーカード保存, タイマ制御, カウンタ制御, 指定データ送信, ブザー, トリガー条件の有効化
シミュレーション機能 事前登録したテストフレーム(CAN:最大272種類、LIN:最大16種類)の送信テストが可能
フレーム内の指定位置のデータを自動的に増減(スイープ)※3可能
CANテスト キーで選択されたテストフレームを指定回数送信
LINテスト マスターモード:テストフレームを指定の順番にスケジュール送信
スレーブモード:ID一致応答送信
通信異常テスト※4 Parity エラー有無, BREAKフィールド長(未指定時は13ビット), SYNCフィールド値(未指定時は55h)を指定可
外部信号入力 4チャンネルの外部信号状態をLEDでリアルタイム表示可能
データと連動して信号論理を記録可能
信号電圧値を連続測定可能(測定レンジ:±15V 測定精度:±1%FS)
構成品 専用拡張ボード, ラインステート表示シートB, DB9モニターケーブル 2本,
3線プローブケーブル 2本, 8線プローブケーブル
※1:内部のリレーで切り換え。アナライザー本体の設定で指定可能。
※2:チェックサムエラー以外はLINのみ有効です。
※3:エンディアン、初期値と3段階の目標値、目標到達時間を指定可能。
※4:LINのみ有効です。