PRODUCT / 商品情報
CAN FD/CAN/LIN通信用拡張セット
(LE-3500XR/2500XR用) NEW

OP-SB7XL

詳細
スペック
オプション
ダウンロード
OP-SB7XL仕様
適合アナライザー LE-3500XR / LE-2500XR
インターフェース CAN FD/CAN: ISO11898-1:2015準拠/ISO11898準拠(Dsub9ピンコネクタ x2)
LIN: ISO9141準拠(ヘッダ3ピンコネクタ x2)
トランシーバー CAN/CAN FD: MCP2542FD (Microchip)相当
LIN:TJA1021T (NXP) 相当
計測チャンネル数 CAN、CAN FD、LINの組み合わせで2チャンネル
対応プロトコル CAN-FD(ISO/Non-ISO)、CAN2.0B、DeviceNet、LIN(Rev.1.1,1.2,1.3,2.0,2.1)
キャプチャーメモリー容量 100M バイト 2 分割利用可
自動保存機能により外部ストレージに最大32G バイト記録可能
通信速度 CAN:20kbps~1Mbps
CAN FD:20kbps~1Mbps  BRS オン時データフィールド 1Mbps~5Mbps
LIN:400bps~26Kbps (有効数字4桁で任意の速度を設定可能)
モニター機能 通信フレームのID 、種類、内容、エラー、CRC を表示、記録
CAN /CAN FD サンプリングポイント(60% ~ 90%) を設定可
IDフィルタ機能 チャンネル毎に指定IDのみを記録するフィルタ(ビットマスク指定可)を設定可
エラーチェック機能 CAN /CAN FD:ACKエラー、フォームエラー、CRCエラー、エラーフレーム
LIN:チェックサムエラー、フレーミングエラー、ブレークフィールドエラー、シンクフィールドエラー、レスポンスエラー、レングスエラー、パリティエラー
タイムスタンプ機能 フレーム受信時間を記録、表示(実時間と前フレームからの差分時間を切り替え可)  時間単位: 時・分・秒、分・秒・1ms、100µs、10µs、1µsを指定可 (100 µs、10 µs、1 µs は測定開始からの経過時間、最大134,217,727)
シミュレーション機能 登録した通信フレームをキー操作で単発または指定周期で連続して送信可能
CAN /CAN FD のフレームを最大16種類登録して同時に個別の周期で送信可能
LINのIDとレスポンスを最大16種類登録してスケジュール送信(マスターモード)、ID一致応答(マスターモード/スレーブモード)が可能
トリガー機能 トリガー条件と動作を最大4組まで指定して測定動作を制御可能
トリガー条件 エラー、指定のIDとデータ(最大8文字、ドントケアとビットマスクを指定可、フレーム先頭から判定データまでのオフセット指定可)のフレーム、タイマー/カウンタ値の一致, 外部信号/外部トリガー入力の論理状態
トリガー動作 ブザー、測定停止、SDカード/USBメモリーへの測定データ保存、タイマー制御、カウンタ制御、トリガー条件の有効/無効化、CAN /CAN FD の指定フレーム送信、TRGOT端子にパルス出力
外部トリガー TTLレベル入力、トランジスタ出力 5Vプルアップ10KΩ
外部信号入力 4点 データ受信時および指定周期で信号電圧とデジタル値を記録、表示
ラインステートLED(DR、CD、CI、ST1)でリアルタイム表示可能
信号電圧値の測定範囲:±18V   デジタル閾値:ON約2V以上 OFF約1V以下
検索機能 エラー、指定のIDとデータ(最大8文字、ドントケアとビットマスクを指定可、フレーム先頭から判定データまでのオフセット指定可)のフレーム、指定範囲の実時間タイムスタンプ、トリガー一致データ、外部信号論理を検索および計数可能  フレームポインタへのマークジャンプ可能
その他の機能 自動保存(オートセーブ)機能、自動バックアップ機能、オートラン機能、タイミング波形表示(ロジアナ)機能、J1939パラメータ表示機能、ファイル管理機能
構成品 専用拡張ボード、DSUB9ピン分岐ケーブル2本、3線プローブケーブル2本、8線プローブケーブル、取扱説明書、保証書