PRODUCT / 商品情報
高速通信用ファームウェア
(LE-8200A/8200用)

OP-FW12GA

詳細
スペック
ダウンロード

OP-FW12GAはビット同期通信(HDLC/SDLC/X.25およびCC-Link通信など)、SPI通信、高速なフィールドバスであるProfibus-DP及び最も汎用的なUART(調歩同期通信)の計測テスト速度を高速化する拡張ファームウェアです。主要な計測処理を全てFPGAで処理することで、マイクロ秒単位のタイムスタンプと共に通信データを確実にキャプチャーします。インターフェースはRS-232C/RS-422/RS-485/TTLに対応できます。

ファームウェア OP-FW12G
Version 2.00以降
OP-FW12GA
UART ×
HDLC
SPI
Profibus-DP ×

準備(拡張ファームウェアをアナライザーへ転送)

  1. アナライザーとパソコンをAUXケーブル(またはUSBケーブル)で接続
  2. 拡張ファームウェアCDをパソコンにセット
  3. CDに収録された転送ソフトでCDの拡張ファームウェアをアナライザーに書き込む
  4. 一度、書き込むと電源onで高速計測モードでアナライザーが起動

<OP-FW12GAのオープニング画面>

通常モードと高速計測モードの切り替えは、電源on時のキー操作で可能です。
高速計測モード → 通常計測モード : [Shift] と[0] を押しながら、電源on
通常計測モード → 高速計測モード : [Shift] と[3] を押しながら、電源on

使用方法

■RS-232C

LE-8200A/LE-8200 に付属のモニターケーブルLE-25M1 を利用してRS-232C ポートに接続します。

■RS-422/RS-485

オプションのDsub25ピン用端子台(LE-25TB)などを用いて、図の様にRS-422/485回線に接続します。

Half-duplex 2 (TxD_A), 14 (TxD_B)
7 Connect (GND)
Full-duplex 2 (TxD_A), 14 (TxD_B)
3 (RxD_A), 16 (RxD_B)
7 Connect (GND)

終端抵抗が必要な場合は、インターフェース基板上のDIP SWでONします。

■TTL

OP-SB85/OP-SB85Lを利用して接続します。

■HDLC モニター

■HDLC シミュレーション

■SPI モニター

■SPI シミュレーション
□マスターモード
SDO (SD) とMOSI、SDI (RD) とMISO、SS (RTS) とSS、SCK (TXC) とSCK を接続します。

■SPI シミュレーション
□スレーブモード
SDO (SD) とMISO、SDI (RD) とMOSI、SS (RTS) とSS、SCK (TXC) とSCK を接続します。

モニター機能

最大12Mbps(ASYNC/HDLC/Profibus-DP)及び最大20Mbps(SPI)の任意の通信速度でネットワークをリアルタイムモニター可能。レスポンスタイム(応答時間)などの解析に有効なタイムスタンプは分解能1ms/100μs/10μs/1μsから選択でき、高速通信の開発や不具合の検証を効率よく行うことができます。

■ASYNC

ASYNCモニター機能は、データビット長(7、8bit)、パリティビット(なし、偶数、奇数)、BCC(LRC-ODD/LRC-EVEN/CRC-16/CRC-ITU-T)をサポートします。 OP-SB85Lと組みわせることでマイコンや通信モジュールのUARTを簡単に測定することができます。

<ASYNC設定画面例>

■HDLC/SDLC/X.25およびCC-Link

特定アドレス(フラグ直後の16ビット)のフレームのみをキャプチャーできるIDフィルターをSD側とRD側にそれぞれに指定でき、解析の効率を高めると共に、キャプチャーメモリーを有効に利用できます。また、半二重通信時には特定アドレスのフレームをSD側、それ以外のフレームをRD側に振り分けて判りやすく表示することもできます。

<HDLC設定画面例>

<HDLCモニター画面例 通常表示>

<フレーム表示>

<パケット表示>

■SPI

SPIモニター機能は、クロック極性とクロック位相の組み合わせで4パターンあるSPI転送タイミングの全てに対応でき、対象機器を選びません。また、SS信号がローレベルのままで全フレームを転送してしまうSPI機器の場合でも、Frame end time (転送クロック休止時間 0.1 μ秒単位)を設定することで、CPUが介在する程度の時間単位でデータを分割でき、転送コマンドとデータの関係などが効率的に解析できます。

<SPI設定画面例>

<SPIモニター画面例 通常表示>

<パケット表示>

■Profibus-DP

高速フィールドバスとして、世界で最も普及しているProfibus-DPに対応。Profibusの通信規格に従ってフレームを切り出し、BCCのエラーチェックや翻訳表示することができます。

<Profibusモニター画面 通常表示>

<Profibusモニター画面 翻訳表示>

<Profibusモニター画面 ダンプ表示>

トリガー機能

最大8文字(ドント・ケア、ビットマスク指定可能)2組の単独またはシーケンシャル検出時、またはエラー(CRCエラー、アボート、ショートフレーム)検出時に、モニター動作を自動停止または外部トリガー端子にLowパルスを出力します。

<トリガー設定画面例1>

<トリガー設定画面例2>

<トリガー設定画面例3>

シミュレーション機能

開発初期段階や、高速通信を行う相手機器がない場合に役立つシミュレーションは、送信データテーブルに登録した160種類のテストデータをキー操作で1回または繰り返して送信することができます。TTLインターフェース時には、出力信号レベルや出力タイプが指定でき、対象基板の電源仕様に応じた最適なテストが可能です。また、SPIのシミュレーションは、マスターモードまたはスレーブモードを選択でき、本機がマスターとなるマスターモードでは、最高12Mbpsの高速データ送受信テストを実現しています。

<SPIインターフェース設定画面例>

ロジアナ解析をサポート [Ver.2.03 新機能]

最高100MHzのサンプリングが可能なロジアナ機能は、HDLCやSPIの高速信号の微妙なタイミング解析が可能。また、通信波形のイメージが直感的に確認できるので、ハード的な問題点の究明だけでなく、データ通信関係の教育用途にも最適です。

LE-8200Aを利用する場合は、ロジアナ波形を自由に編集して出力できるパルスジェネレータ機能もご利用いただけます。

その他

オプションの外部メモリーに計測データを長時間記録、テキストデータへの変換、特定データ列の検索も、もちろん対応しおります。また、電源投入時の操作で通常モードへの切換えもワンタッチで行えます。