PRODUCT / 商品情報
高速HDLC通信ファームウェア
(LE-3500R用)

OP-FW10R

詳細
スペック
ダウンロード

OP-FW10R は、プロトコルアナライザーLE-3500R のビット同期通信(HDLC/SDLC/X.25およびCC-Link通信など)およびSPI通信の計測テスト速度を最高10Mbpsまで高速化する拡張ファームウェアです。主要な計測処理を全てFPGAで処理することで、マイクロ秒単位のタイムスタンプと共に通信データを確実にキャプチャーします。
RS-485マルチドロップ方式のCC-LINKなどの高速HDLC通信の観測やプリント基板上のTTL信号レベルの高速HDLCや高速SPI通信の解析に最適なオプションです。

準備(拡張ファームウェアをアナライザーへ転送)

  1. アナライザーとパソコンをAUXケーブル(またはUSBケーブル)で接続
  2. 拡張ファームウェアCDをパソコンにセット
  3. CDに収録された転送ソフトでCDの拡張ファームウェアをアナライザーに書き込む
  4. 一度、書き込むと電源onで高速計測モードでアナライザーが起動

<OP-FW10Rのオープニング画面>

通常モードと高速計測モードの切り替えは、電源on時のキー操作で可能です。
高速計測モード → 通常計測モード : [Shift] と[0] を押しながら、電源on
通常計測モード → 高速計測モード : [Shift] と[3] を押しながら、電源on

使用方法

■RS-232C

アナライザーに付属のモニターケーブルLE-25M1 を利用してRS-232C ポートに接続します。

■RS-422/RS-485

アナライザーのRS-422/485端子台をRS-422/485回線に接続します。

Half-duplex TxD +, TxD -, GND
Full-duplex TxD +, TxD -, RxD +, RxD -, GND

終端抵抗が必要な場合は、インターフェース基板上のDIP SWでONします。

■TTL

アナライザーに付属のTTLプローブケーブルを使って、アナライザーのTTLポートと計測対象を接続します。

■HDLC モニター

■HDLC シミュレーション

■SPI モニター

■SPI シミュレーション
□マスターモード

■SPI シミュレーション
□スレーブモード

モニター機能

生データのままの通常表示、およびフレームレベル、パケットレベルの翻訳表示に対応。特定アドレス(フラグ直後の16ビット)のフレームのみをキャプチャーできるIDフィルタをSD側とRD側にそれぞれに指定でき、解析の効率を高めると共に、キャプチャーメモリーを有効に利用できます。

■HDLC/SDLC/X.25およびCC-Link

生データのままの通常表示、およびフレームレベル、パケットレベルの翻訳表示に対応。特定アドレス(フラグ直後の16ビット)のフレームのみをキャプチャーできるIDフィルタをSD側とRD側にそれぞれに指定でき、解析の効率を高めると共に、キャプチャーメモリーを有効に利用できます。

<HDLC設定画面例>

<HDLCモニター画面例 通常表示>

<HDLCモニター画面例 翻訳表示>

IDフィルタの動作説明

>> 設定と表示例

HALF-DUP:ON(半二重)の、IDフィルタを利用した振り分け表示の動作説明

半二重通信時には複数ノードの通信フレームが1対の通信ラインに連続的に流れます。このようなデータをそのままモニターすると、アナライザーの1つの表示ラインに連続的に表示されるため、着目したいノードの通信フレームが判りにくい場合があります。このようなときに、IDフィルタを利用した振り分け機能を利用すれば、着目したいIDの通信フレームをSD側、それ以外のフレームをRD側に振り分けて判りやすく表示することができます。

>> 設定と表示例

■SPI

SPIモニター機能は、クロック極性とクロック位相の組み合わせで4パターンあるSPI転送タイミングの全てに対応でき、対象機器を選びません。また、SS信号がローレベルのままで全フレームを転送してしまうSPI機器の場合でも、Frame end time(転送クロック休止時間 0.1 μ秒単位)を設定することで、CPUが介在する程度の時間単位でデータを分割でき、転送コマンドとデータの関係などが効率的に解析できます。

<SPI設定画面例>

<SPIモニター画面例 通常表示>

<パケット表示>

トリガー機能

最大8文字(ドント・ケア、ビットマスク指定可能)2組の単独またはシーケンシャル検出時、またはエラー(CRCエラー、アボート、ショートフレーム)検出時や外部信号の変化時に、モニター動作を自動停止します。

<トリガー設定画面例>

シミュレーション機能

開発初期段階や、高速通信を行う相手機器がない場合に役立つシミュレーションは、送信データテーブルに登録した160種類のテストデータをキー操作で1回または繰り返して送信することができます。
RS-422/RS-485インターフェース時には、DTE/DCEの選択やRS-485ドライバの自動制御が可能です。

TTL計測時には、出力信号レベルや出力タイプが指定でき、対象基板の電源仕様に応じた最適なテストが可能。また、SPIのシミュレーションは、マスターモードまたはスレーブモードを選択でき、本機がマスターとなるマスターモードでは、最高5Mbpsの高速データ送受信テストを実現しています。

<RS-485インターフェース設定画面例>

<TTLインターフェース設定画面例>

その他

SDカードやUSBメモリーに計測データを長時間記録するオートセーブ機能、テキスト印字やユーティリティソフトを利用したテキスト変換、特定データ列の検索やリモートコントロールなど、高速化しながらアナライザーの基本機能にも、しっかり対応。また、電源投入時に[SHIFT]と[0]のキーを押すだけの操作で、マルチプロトコルに対応する標準ファームウェアの動作モードにワンタッチで切り替わります。