PRODUCT / 商品情報
ラインモニター

LE-110SA

概要
詳細
スペック
オプション
ダウンロード

RS-232CとRS-422/RS-485に対応

LE-110SAは、1台でRS-232CとRS-422/RS-485の計測インターフェースを装備。テスト対象によって切り替えて使用できます。

<RS-232Cポート、外部トリガーポート、RS-422/RS-485ポート>
<測定ポートと動作モード設定画面>

シンプルで簡単な設定

通信条件はプリセットされた速度とデータフレミングを選択するだけ。特殊な通信仕様の対応を省略したことで迷わず設定できます。また、通信条件自動設定機能が用意されているので、通信条件が不明の回線でもすぐ測定を始められます。もちろん英語表示にも切り替え可能です。

<通信条件設定画面>

460.8Kbpsまでの一般的な通信速度をプリセットされています。

<通信速度設定例(英語表示)>

プリセット以外の速度を入力した時、設定可能速度と誤差(※)が表示されます。
※:内部分周器で設定可能な速度に設定されるため、誤差を含む場合があります。

通信データと時間情報を記録

タイムスタンプやアイドルタイムを高精度で計測可能。パソコンベースのラインモニターのように時間計測精度がパソコンの処理に左右されることはありません。

ラインモニター機能

回線に影響を与えることなく通信データをリアルタイムにモニター可能。タイムスタンプやアイドルタイム、ライン状態と共に記録でき、ラインステート表示やフレーム改行表示に切り替えて確認できます。

外部信号と同期可能な強力なトリガー機能

上位モデルと同等の強力なトリガー機能を装備。外部トリガー入出力端子を利用して外部計測器との連携した解析が可能です。

<トリガー条件設定画面>
<トリガー動作設定画面>

シミュレーション機能

モニター表示を確認しながら、画面タッチ操作でプリセットされた固定データや任意の登録データを送信することができます。

通信条件自動設定機能

測定対象の通信条件を本機のモニター処理が推定して自動的に設定する機能です。通信速度などの通信条件が未知の対象通信回線を測定する時に役立ちます。

赤○にタッチして解析を開始

送信ライン、受信ライン別々に通信速度が解析され判定されるので、通信条件違いによるトラブルにも役立ちます。

自動バックアップ機能

自動バックアップ機能を利用すると、測定停止時に自動で、最新データ約30Kバイト分をバッテリーバックアップされた内蔵SRAMキャプチャメモリーに、または全測定データをUSBメモリーに保存することができます。

<自動バックアップ設定例>

PCリンク機能

測定データをパソコン上で表示、テキスト変換できるPCリンクソフトを用意。パソコンから本機をリモート操作したり、本機のファームウェアを更新したりすることができます。

連続5時間の電池駆動

付属の単3形ニッケル水素電池2本で連続5時間の動作が可能。アルカリ乾電池も使えるので現場での充電切れでも安心です。


<説明のため電池蓋を外した写真です。>

USBメモリー対応

測定データや設定条件をお手持ちのUSB メモリーに保存できます。トリガー保存設定により着目したい通信データの前後を自動的にセーブでき、自動バックアップ機能を有効にすれば、測定終了時にデータをUSBメモリーに自動保存できます。