PRODUCT / 商品情報

LAN接続型IOユニット

LA-5AI

アナログ入力:5点

 

概要
詳細
スペック
オプション
ダウンロード

<入出力構成>

端子 記号 入出力構成
1 AI1 アナログ入力1
2 AG1 アナログ入力1 グランド
3 AI2 アナログ入力2
4 AG2 アナログ入力2 グランド
5 AI3 アナログ入力3
6 AG3 アナログ入力3 グランド
7 AI4 アナログ入力4
8 AG4 アナログ入力4 グランド
9 AI5 アナログ入力5
10 AG5 アナログ入力5 グランド
<入出力部の内部回路構成>
<接続例>

詳細

■超小型・低価格で分散配置に最適

小規模な制御用途に特化したことで、LANインターフェースを内蔵しながら、手のひらサイズの小型化と低価格を実現。
制御対象が工場内に分散していて1カ所当たりの必要点数が多くない遠隔制御用途に最適です。

■外観図(シリーズ共通)

CADデータ画像となります。

■複数箇所への設置、試運転や保守作業に配慮

入出力の状態をケース表面のLEDで確認できますので、導入試運転の動作チェックが簡単に行えます。

アナログ入力値が正側の入力レンジの1/5以上の時に点灯します。

: 点灯電圧の閾値はPCソフトや設定コマンドで変更できます。

また、制御対象機器との結線を外さずに本体ユニットを交換できる着脱式端子台を採用していますので、メンテナンス作業時間を大幅に短縮することができます。

■2系統入力の電源仕様

現場の電源状況に応じて、ピンヘッダ型コネクタまたはACアダプタ用ジャックのどちらからでもDC8~30Vを給電できます。
また、隣接した2台のユニット間を電源分岐ケーブル(別売:LAH-2XH)で接続すれば、1個のACアダプタで2台のユニットに給電でき、ACアダプタの設置スペースとコストを削減できます。

■FA対応の堅牢設計

ノイズに強く堅牢な金属筐体や-20~55℃の広い動作温度範囲により、過酷なFA現場環境でも安心して導入いただけます。

    併用される電源装置(ACアダプタやスイッチング電源など)も使用温度に合せて選定して下さい。

また、別売りDIN取付プレート(SI-DIN70/SI-DIN30)を利用して35mmDINレールへの取り付けにも対応可能です。

■10Base-T/100Base-TXのLANネットワークに対応

LANインターフェース部にラントロニクス社デバイスを内蔵。10Base-T/100Base-TXを自動判定してLANに接続できます。TCP/IP、UDP/IPを利用してデジタル信号の監視、制御を行うことができます。

■パソコンからの簡単制御

TCP/IPのペイロード部分に取扱説明書に記載されている簡単な制御コマンドを送ることで入出力を制御できます。
LAN上のユニットは、IPアドレスだけでなく、機種番号やロータリスイッチで設定したID番号で識別できますので、LAN上に同一モデルを複数接続している場合でも確実に目的の1台を特定できます。

アナログ入力コマンドの例(AI1の取り込み):

step1
パソコンなど -----> [TCP/IPヘッダ] + (AIコマンドch1指定) -----> LA-5AI
step2--LA-5AIはアナログ入力ch1(AI1)の測定値を返送します。
パソコンなど <----- [TCP/IPヘッダ] + (ch1アナログ測定値応答) <----- LA-5AI
制御完了

■制御ソフトを標準添付

付属の制御ソフト(LA-PC20)を利用すれば、アナログ入力値の確認や出力信号のON/OFFなどの基本動作をお手持ちのPCから簡単に行えます。



■アナログ測定値の履歴をCSVで記録

付属の制御ソフト(LA-PC20)を使って、指定周期で自動入力したアナログ測定値をCSVファイルに自動保存できます。

<CSVファイル記録例>

■スマホやタブレットから動作確認が可能

スマートフォンやタブレットからWi-Fiを経由してLANIOの動作確認ができます。
iOS版はAppStoreでLAAD10を、Android版はGoogle PlayでLAAD10-Ver2やLAPulseModeADを検索して入手してください。

  1. IPアドレスを入力できます。
  2. ポート番号を入力できます。(ポート番号は出荷時設定10003)
  3. IPアドレス、ポート番号入力後タップすると接続します。
  4. 無線APを経由してLANIOのMacアドレスを検索し 5 に表示します。(MacアドレスはLAN接続部下部のラベルに表示してあります。)

<LAAD10 デバイス選択画面>

  1. 信号の名称を設定できます。
  2. 出力状態を示します。
  3. 出力のON/OFFを切り替えます。
  4. 指定時間周期で出力のON/OFFを切り替えます。
  5. 入力値を表示します。
  6. 入力レンジを設定します。
  7. 入力値を更新します。
  8. 指定時間周期で入力値を更新します。
  9. 接続を終了します。

<LAAD10 デバイス操作画面>

[ デモモード ]

LANIO製品本体がなくても操作イメージを確認いただけます。

  1. アプリを開いて、左上のLINEEYEアイコンを3回タップ。
  2. 「検索」ボタンを押す。ヘッダー部が赤くなればデモモードです。
  3. 検索されたLANIO製品(実際にはつながっていません)を選んで操作感をお試しください。
※デモモードから通常モードに切り替える際は、もう一度アイコンを3回タップして、検索ボタンを押してください。

<LAAD10 デモモード画面>

■熱電対による温度測定機能

LA-5AIは熱電対(K,J,T,E,N,R,S,B タイプ)による温度測定に対応しており、アナログ入力端子に熱電対を直接接続するだけで手軽に温度測定が行えます。 ON/OFF可能な断線検知機能も搭載されています。

■メールアラート機能

XPortRのメールアラート機能を利用して、事前登録した特定のメールアドレスに対して事前に設定したアナログ入力値になった時にeメールを送信できます。警報信号レベルを設定しておけば、異常発生時にeメールで通知するシステムをPCレスで実現できます。
『POP before SMTP』や『SMTP-AUTH』等、認証を伴うメールサーバではご利用できません。SMTPのみ対応です。

    各接点の組み合わせ条件(OR条件)によって1点のメールアラート機能が動作します。