PRODUCT / 商品情報

■ 高速HDLC通信ファームウェア OP-FW10 ■

標準価格: \39,800 (税抜)
■ 概要
「OP-FW10」は、プロトコルアナライザーLE-7200/LE-3200を、最高10Mbpsの高速HDLC通信に特化した専用アナライザーにアップグレードできるファームウェアです。この「OP-FW10」をLE-7200/LE-3200に書き込むことで、アナライザーのソフトウェアで処理されていたトリガーやフィルタなどのHDLC計測処理が、アナライザー内蔵のFPGAによるハードウェア処理に置き換わり、対応可能なHDLCの最高速度が大幅に向上します。このファームウェアを導入後でも、アナライザーの電源投入時に[SHIFT]と[0]のキーを押すだけで、マルチプロトコルに対応した従来のファームウェアに切り替えることができ、ファームウェアの再書込などの手間もかかりません。

アナライザーに標準装備されたRS-422/485用の計測インターフェースを利用して、CC-LINKなどのRS-485マルチドロップ方式の高速HDLC通信ネットワークを現場で簡単に解析するときなどに最適なオプションです。
 
■ 使用方法
オプションのDsub25ピン用端子台(LE-25TB)などを用いて、図の様にRS-485回線に接続します。
半二重 2(TxD_A)、14(TxD_B)
7(GND)を接続
全二重 2(TxD_A)、14(TxD_B)
3(RxD_A)、16(RxD_B)
7(GND)を接続
終端抵抗が必要な場合は、インターフェース基板上のDIP SWでONします。
 
■ モニター機能
< モニター画面例1>
< モニター画面例2 (ダンプ表示) >
< フィルタ設定画面例 >

最大10Mbpsの注意の通信速度でHDLC通信ネットワークをモニターできます。最大16ビットのIDフィルタをSD側RD側で個別に指定でき解析の効率を高めるとともに、キャプチャーメモリーを有効に利用できます。また、半二重通信時には特定アドレスのフレームをSD側、それ以外のフレームをRD側に振り分けてわかりやすく表示することもできます。レスポンスタイム(応答時間)などの回線の使用状況の確認に有効なタイムスタンプは分解能1mS/100μS/10μS/1μから選択でき高速通信の開発や不具合を効率よく行うことができます。
 
■ トリガー機能
最大8文字(ドント・ケア、ビットマスク指定可能)2組の単独またはシーケンシャル検出時、またはエラー(CRCエラー、アボート、ショートフレーム)検出時に、モニター動作を自動停止します。
< トリガー設定画面例 >
 
■ シミュレーション機能
最高速度5Mbpsのシミュレーションが可能です。送信データテーブルに登録した16種類のデータ列を対応するキーを押すことによって1回または繰り返して送信すこることができます。開発の初期段階や、高速通信を行う相手機器が少ない場合に役立ちます。
 
■ その他
オプションのCFカードやマイクロドライブに計測データを長時間記録、テキストデータへの変換、特定データ列の検索も、もちろん対応しおります。また、電源投入時の操作で通常モードへの切換えもワンタッチで行えます。
 
■ 仕様
対応アナライザー LE-7200 / LE-3200                 *LE-2200では利用できません
インターフェース RS-232C、RS-422/485(RS-530)
プロトコル ビット同期 SDLC、HDLC、X.25、(NRZ、NRZI)*同期クロックは送受信データより抽出
適合最大通信速度 半2重通信時:10Mbps  全2重通信時:5Mbps
速度設定範囲 115.2Kbps〜10Mbps   (有効数字4桁で任意に設定可能)
プリセット速度 10Mbps / 5Mbps / 2.5Mbps / 1Mbps / 625Kbps / 512Kbps / 256Kbps / 156Kbps
モニター機能 回線に影響を与えず通信データを連続記録すると共にリアルタイム表示
エラーチェック FCS エラー(CRC- ITU- T ),アボート,ショートフレーム
タイムスタンプ 6桁(0〜524287)  分解能1mS / 100μS / 10μS / 1μS を指定可
IDフィルタ 16ビット長アドレスのドントケアやビットマスクを指定可
トリガー機能 最大8文字(ドントケアやビットマスク可)2組の単独およびシーケンシャル検出時、エラー検出時にモニター動作を自動停止
シミュレーション機能 キー操作で指定データ列を1回またはリピート送信 (最大5Mbps)
その他 検索機能、ファイル管理機能、印字機能、指定時刻オートRUN/STOP機能、補助記録用カード媒体へのオートセーブ機能、テキスト変換機能 他
構 成 品 ファームウェアCD、取扱説明書