インターフェースコンバータ NEW

SI-35i

RS-232C⇔RS-422/485

高耐圧絶縁タイプ

概要
詳細
スペック
オプション
ダウンロード

■外観図

CADデータ画像です。

■各部の説明

電源用LED 電源投入と同時に点灯します。
データ状態表示 LED RS-422/485 側データの送受信時に点滅
SD は RS-232C からの送信データで点滅
RD は RS-422/485 からの送信データで点滅
ドライバ状態表示LED RS-485用ドライバがアクティブ時に点灯します。
ディップスイッチ A 回線監視機能やドライバ制御の設定を行います。
ディップスイッチ B 通信方式や終端抵抗などの設定を行います。
ACアダプタジャック ACアダプタ用ジャックです。
RS-232Cコネクタ D-SUB9ピン(メス) #4-40 インチネジ
RS-485側5極端子台 5.08mm ピッチ 押締型
定格トルク : 0.25Nm
RS-232Cコネクタ
ピン番号※1 記号名 RS-232C側入出力※2 説明
DCE
1 CD - 未接続
2 RD O 受信データ
3 SD I 送信データ
4 ER I 6ピンと内部接続
5 GND - 信号グランド
6 DR I 4ピンと内部接続
7 RS I 送信要求
8 CS O 送信許可
9 DCIN I 外部電源 (DC5~30V) 入力
※1: 本機から信号を出力する方向を"O"、本機へ入力する方向を"I"とします。

 

RS-422/485側 5極端子台

現場での配線作業が容易な5極押し締め型端子台です。

端子番号 名称 RS-422(全二重)※1 RS-485(半二重)※1
入出力方向※2 説明 入出力方向※2 説明
1 TR+ O 送信データ+ I/O 送受信データ+
2 TR- O 送信データ- I/O 送受信データ-
3 GND - 信号グランド※4 - 信号グランド※4
4 R+ I 受信データ+ - 未使用※3
5 R- I 受信データ- - 未使用※3
※1: ディップスイッチ (SW-B) により切り替えることができます。
※2: 本機から信号を出力する方向を"O"、本機へ信号を入力する方向を"I"とします。
※3: 半二重モードのときは使用しません。
※4: GND はデバイスの過電圧破損を防止するために接続してください。

[ コネクター面 ]

 

ディップスイッチ SW-A

RS-422/485ドライバ制御方法や回線監視用内部タイマー値を設定できます。

SW1 SW2 SW3 通信速度(bps) 内部タイマー
(µ秒)
OFF OFF OFF 9600 以上 [9600] 1350
ON OFF OFF 19200 以上 [19200] 677
OFF ON OFF 38400 以上 [38400,57600] 338
ON ON OFF 76800 以上 「76800,115.2K] 169
OFF OFF ON 150K 以上 85
ON OFF ON 300K 以上 42
OFF ON ON 300 以上 [300,600,1200] 43200
ON ON ON 2400 以上 [2400,4800] 5400
SW-A 意味 OFF ON
No.4 RS-422/485 送信ドライバ制御 Auto Manual
No.5 Manual 時のドライバ制御信号 DR(DSR) CS(CTS)

 

ディップスイッチ SW-B

RS-422/485の通信方式や終端抵抗を選択できます。

SW-B 機能 OFF ON
No.1 送信データのエコー受信 エコーバック有 エコーバック無
No.2 回線モード(通信方式)選択  RS-485(半二重) RS-422(全二重)
No.3 TR+,TR- 間の終端抵抗設定 TR 信号 終端抵抗無  TR 信号 終端抵抗有 (100Ω)
No.4 R+,R- 間の終端抵抗設定 R 信号 終端抵抗無 R 信号 終端抵抗有 (100Ω)

■接続例

■設置・取付方法

据置または底面のM3ネジ穴を利用してネジ止めできます。 また、オプションの SI用DINレール取付プレート SI-DIN20を利用すれば、35mmDINレールに簡単に取り付けできます。