PRODUCT / 商品情報
TTL/I2C/SPI拡張セット
(LE-3500R/2500R用)

OP-SB5GL

詳細
スペック
オプション

OP-SB5GL は、RS-232C(V.24)とTTL/C-MOS 信号レベルの通信を測定できる2つの測定ポートを装備したインターフェース拡張セットです。TTL/C-MOS 測定ポートは、1.8V電源系から5V電源系までの広い電圧範囲のTTL/C-MOSレベルの通信に対応でき、プリント基板上の通信LSI とインターフェースIC 間などの通信線に直接プロービングして、通信状態を観測テストするのに最適です。また、LE-3500R/LE-2500Rの標準TTL計測ポートにはないUSART通信の送受信クロックもサポートしています。
一般的なUARTやHDLC通信の測定だけでなく、I2C / SPI のモニターやシミュレーションも可能です。さらに、クロック信号に同期して全てのデータを取り込むバースト測定モードも利用することができます。

SPIにはLE-2500/LE-1500は対応しません。
I2CにはLE-1500は対応しません。
アナログ電圧測定端子
3線プローブケーブルを接続します。
外部信号入出力端子
外部トリガー信号を入出力できます。
TTL/C-MOS拡張コネクタ
TTLプローブポッドを接続します。
[ 内部ブロック ]
[ I2C測定 ]
[ 高級テストクリップ使用 ]

使用方法

拡張基板を計測器に装着後、付属のプローブポッドを使用して、測定したい通信線をクリップします。テストできる信号線はSD,RD,RS,CS,SD_CLK,RD_CLK,外部入力トリガー入力、トリガー出力の9本ありますので、あらゆる通信に対応できます 。データの極性や取り込むクロックの極性も設定できます。

モニター機能

通常モード(USART)ではトリガー機能など計測器の機能をフル活用することができます。さらに、計測器をBURSTモードに設定すると、データ送出時のみクロックが供給される通信方式(クロック同期通信)も測定でき、今までのプロトコルアナライザーでは測定することのできなかった通信もモニターできます。

クロック同期通信の例

■I2C

設定をI2Cモードにすることにより、スタートシーケンス、ストップシーケンスを含むI2Cシリアル通信のテストができます。I2Cでは翻訳表示が可能でリード、ライトのシーケンスを効率よく解析できます。

<I2C測定結果画面>

<I2C翻訳画面>

■SPI

LE-3500と共に使用すると、基板上のIC間の高速転送で広く利用されているSPIの転送データをモニターできます。詳細はSPI追加説明書をご覧ください。

<SPI測定結果画面>

<SPIフレーム表示画面>

CPOLとCPHAの設定により、クロックとデータは上図のタイミングとなります。

表示内容 意味
TM データを受信した時間を表示します
Data データを16進数で表示します

ロジアナ機能

ロジアナ機能を用いて、データの論理やクロックの取り込みタイミングなどを波形で確認できます。特に、LSI間などで用いられるシリアルインターフェースは、クロックとデータの位相差や遅延などが問題になることが、しばしばあります。このような場合は、ロジアナ機能を用いビットタイミングでの解析を行なえます。

<I2C波形測定画面>

シミュレーション・BERT機能

BURSTモードを除き、シミュレーションも行なえるので開発やトラブル解析の効率を大幅に向上させます。I2CモードやSPIモードではマスター、スレーブの両モードでシミュレーションを行なうことができます。また、通常モード(USART)ではビットエラーレイトテスト(BERT)もサポートしているので、デバイスの伝送特性などのテストも容易に行なうことができます。